「まあいいだろう。」


ねえ、あなた。

随分と暗がりに咲くじゃない。

そこはどう?

住みやすいの?

c0238097_22455785.jpg


「誰かが僕を見つけたその時から、

僕がここに咲いた意味はあったってことだよ。」







ねえ、あなた。

随分と悠長に眠るじゃない。

そこはどう?

危なくないの?

車だって人だって来るわ。

c0238097_22481281.jpg


「知らない僕を愛でてくれた人がいるんだ。

だから僕は、ここにいるんだ。」




日常と町。

c0238097_22501018.jpg


ありきたりな風景。

でもここには僕の知らない時間が流れている。



c0238097_22504780.jpg


ありきたりな風景。

そしてここには僕の好きな時間が流れている。



c0238097_2252172.jpg


時計の針が刻む。

誰かと誰かがすれ違った足音。

遠くで犬の鳴き声。

車の通り過ぎる音。

工事の音。



c0238097_225255100.jpg


知らない町で見つけた日常。

僕の町で当たり前になって忘れていたもの。



c0238097_22535998.jpg


じっくりと考える場所。




(NEX-5Nで撮影。)
[PR]

by aomushi61 | 2012-04-04 22:55 | フォト